薬剤師求人では内容をそのまま受け取らない方がいい

ドラッグストアでの実際の業務

ドラッグストアでの薬剤師求人は基本的には医薬品に関する業務を行うようになっていますが、実際は勤務時間の全てを費やしているわけではありません。
それは店舗に訪れる客層の大半がスーパーのような感覚で利用しているからであり、その店舗にいる従業員は薬剤師であっても同じ対応を行ってしまいます。
この時に自分は薬剤師だから関係ないという態度を取ることはできず、結局は一般店員と同じ業務をしなければいけなくなるでしょう。
薬剤師求人でドラッグストアといった小売店の場合、そのような雑務に関するは詳細は面接などを行う時に説明するということが多くなっています。
それは意図的に行っているというわけではなく、求人の内容にも雑務となっていたり、付随作業という内容で公開されています。
ここで勘違いしやすいのは薬局の場合も医薬品の陳列や店員になってレジ作業をする場合があり、その業務のようなものと考えてしまうことです。
しかし、ドラッグストアでは医薬品では無い商品の方が多くなっていて、そちらに関連する業務が必然的に多くなっています。
薬剤師という資格を持っているのに、店舗が雇っている一般従業員と同じ作業を頻繁に行わなければいけないというのは、やはり納得のいかない部分も出てしまうことがあります。

薬剤師の求人はここに気を付けて / ドラッグストアでの実際の業務 / 転職する際には業務内容を確認する